応募期間

2019年11月30日(土) 必着

応募作品

以下の部門について「中学生以下の部」「高校生以上の部」を設け、所定の選考を行ったうえ、それぞれ表彰する。

(1)「淡路島日本遺産部門」

テーマ: (総合大賞部門)古事記冒頭の「国生み神話」の物語をはじめ、「海の民」「海人(あま)」「御食国」など、日本遺産である「国生みの島・淡路」のストーリー及びそこにゆかりのある題材をテーマとする。

(はじまりの島部門)淡路島日本遺産の魅力を伝える「淡路島RPG『はじまりの島』」(本年度スタート)の内容及びそこにゆかりのある題材をテーマとする。

内 容:「1枚イラスト」「1コママンガ」、「4コママンガ(5P程度)」、「ストーリーマンガ(4~24P推奨)」「紙芝居(表に絵、裏に文字を記載)4~12P推奨」などのジャンルは問わない。

(2)「記紀・万葉集部門」

テーマ:「古事記」・「日本書紀」及び「万葉集」の内容に関連する、全国各地の地域伝承、伝説、言い伝え等及びそこにゆかりのある題材をテーマとする。

内 容:上記(1)の場合と同様。

(複数部門への応募可。共同制作作品可。ただし、未発表のオリジナル作品に限る。

くにうみとは?

国生みの島・淡路。ここは伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)が天沼矛(あめのぬぼこ)で下界をかき回し、日本で最初に生まれた特別な島です。

日本で最古の歴史書『古事記』の冒頭を飾る「国生み神話」。そこには、伊弉諾尊・伊弉冉尊の二柱の神様が生まれたばかりの混沌とした大地を天沼矛で「塩コオロコオロ」とかき回すと、矛先から滴り落ちた塩の雫が固まって「おのころ島」ができたと記されています。
おのころ島で夫婦となった伊弉諾尊・伊弉冉尊は、日本列島の島を次々と生んでいきます。その中で最初に生まれた島が淡路島です。
二柱の神様が沼矛で下界をかき回し、落ちた塩の雫からおのころ島が生まれた描写は、「海人(あま)」が生業とした塩づくりの様子に重なります。また、沼矛でかき回すことによって下界が渦巻くさまを記した場面は、海人が活躍した鳴門海峡の巨大な渦潮を想像させます。
現在も鳴門海峡では世界最大級の渦が巻き、島の内外には絵島や沼島、自凝島(おのころじま)神社などおのころ島の伝承地がいくつも点在します。

また、国生み神話ゆかりの「えびす舞」を起源とする淡路人形浄瑠璃も地元の淡路人形座によって大切に伝承されてきました。
古事記編纂から千三百年の時を経て、脈々と受け継がれてきた壮大な天地創造の物語。淡路島は今も、国生み神話を始まりとする悠久の時を刻み続けています。

淡路島日本遺産 | 公式サイト | 古代の国家を支えた海人の営み

原稿規定等

(1)共通事項
①台詞及びタイトルは日本語(注:英語版では「英語」)とすること。
「((英語版のみ記載))また、審査にあたり英語で提出された作品については、必要に応じ日本語翻訳は主催者側で実施するものとすること。」
②作品はカラー、モノクロを問わない。(カラー、モノクロ混在可)
③原稿下部にページ番号を付すこと。

(2)手書き原稿の場合
①原稿部分のサイズは横180mm×縦270mm断ち切りは自由とする。
②表裏の両面に書いた作品は認められない。
③台詞及びタイトルははっきりと読みやすく記載すること。(手書き、写植は問わない。)

(3)デジタル原稿の場合
①データ形式はjpeg形式、png形式のいずれかとする。
※解像度は、モノクロの場合は600dpi以上、カラーの場合は350dpi以上とすること。
②フォントは問わない。

提出方法

① 紙又はデジタルデータを1部提出すること。
② 紙により提出する場合、原寸コピーにすること。
③ データで応募する場合、CD-R又はDVD-Rで提出すること。
④ 作品提出と併せ、作品制作にあたり基礎として活用された具体的な題材の原ストーリーを提出すること。
(参考にされた文献等の明示を含む。)

選考

「全国くにうみ漫画化ワールドカップ審査委員会」(以下「審査委員会」という)が選考する。

審査員

審査委員:
里中 満智子(マンガ家/大阪芸術大学教授・キャラクター造形学科長)
中村 伊知哉(慶應義塾大学教授)
堀井 雄二(ゲームデザイナー/洲本市名誉市民)
吉村 和真(京都精華大学副学長)
以上、五十音順)
※このほか、淡路島日本遺産委員会代表も審査に参加

問合せ先:
全国くにうみ漫画ワールドカップ実行委員会事務局
Tel:050-3684-4245

注意事項

(1)入賞作品については、後日、生原稿(デジタル原稿の場合は、psd形式又はeps形式(タイトルや台詞などテキストの場合は別レイヤーとすること))の提出を求めることがある。

(2)提出いただいたコピー、CD-RおよびDVD-R(上記5(1)①記の翻訳版も含め)に関しては返却せず審査終了後、原則破棄するものとする。

(3)応募作品は、第三者の著作権、肖像権等の権利又は利益を侵害するものでないこと。なお、応募作品に関して第三者からの盗作、違法コピー等、著作権、肖像権等に関するなんらかの請求・申し出があった場合、一切の責任は作者が負う。

(4)応募作品の著作権は、作者自身に帰属する。 ただし、主催者は、応募作品の掲載刊行物の発刊(電子的な方法によるものも含む。)、主催者の主催事業又は承認事業での当該作品の使用について、応募作品の全部または一部を無償で利用することができるものとし、作者はあらかじめこれに同意して応募すること。なお、上記の主催者による利用権については、原則として、利用の態様等に応じ、時限を設けることとする。

審査委員会の審査により、「淡路島日本遺産部門」2部門を通じて最も優秀な作品に「総合大賞」を、「記紀・万葉集部門」1部門において最も優秀な作品に「記紀・万葉集大賞」を、その他の優秀な作品に「優秀賞」等を以下のとおり授与する。

淡路島日本遺産部門

1.総合大賞部門
(1)総合大賞
①淡路島日本遺産部門総合大賞
1作品:トロフィー、賞状、賞金50万円

(2)優秀賞
①中学生以下の部
2作品:賞状、1万円分の商品券
②高校生以上の部
2作品:賞状、賞金5万円

(3)奨励賞
①中学生以下の部
2作品:賞状、5千円分の商品券
②高校生以上の部
2作品:賞状、賞金3万円

2.はじまりの島部門
(1)優秀賞
①中学生以下の部
1作品:賞状、1万円分の商品券
②高校生以上の部
1作品:賞状、賞金5万円

(2)奨励賞
①中学生以下の部
1作品:賞状、5千円分の商品券
②高校生以上の部
1作品:賞状、賞金3万円

記紀・万葉集部門

(1)記紀・万葉集大賞
1作品:トロフィー、賞状、賞金20万円

(2)優秀賞
①中学生以下の部
1作品:賞状、1万円分の商品券
②高校生以上の部
1作品:賞状、賞金5万円
(3)奨励賞
①中学生以下の部
1作品:賞状、5千円分の商品券
②高校生以上の部
1作品:賞状、賞金3万円

入賞作品の発表

令和2年3月頃(目途)

授賞式

令和2年3月頃(目途。本公式HPにて発表)、淡路島内(兵庫県立淡路島公園アニメパーク-ニジゲンノモリ-)にて行う。
また、授賞式にあわせて、総合大賞、記紀・万葉集大賞、及び各優秀賞受賞者を淡路島に招聘する。

主催

全国くにうみ漫画ワールドカップ実行委員会

理事長 守本 憲弘(淡路島日本遺産委員会会長)
副理事長 竹内 通弘(洲本市長)、門 康彦(淡路市長)、高見 隆(兵庫県淡路県民局長)
南部 靖之(株式会社パソナグループ 代表取締役グループ代表)
理事 木下 学(一般社団法人淡路島観光協会会長)
藤井 宏昌(一般社団法人淡路青年会議所理事長)
監事 石村 健理事長(一般財団法人淡路島くにうみ協会理事長)

事 務 局: 株式会社パソナふるさとインキュベーション/協力 一般社団法人地方創生戦略機構

後援

・総務省、外務省、観光庁、全国知事会、全国市長会、全国町村会、関西経済連合会、関西テレビ、MBS、産経新聞社、読売テレビ
・経済産業省、大阪芸術大学、京都精華大学(以上、予定)、在阪マスコミ各社(申請中)
※このほか諸機関・団体に申請中。


年  月 

私は、全国くにうみ漫画ワールドカップ -マンガコンテスト- 応募要領記載事項を確認し、
著作権などの取り扱い等に了承の上、本作品を応募いたします。

エントリーが完了しました
主催:全国くにうみワールドカップ実行委員会
〒656-2306 兵庫県淡路市夢舞台2番地展望テラス3階「全国くにうみ漫画ワールドカップ担当」係

© 全国くにうみワールドカップ実行委員会. All Rights Reserved